翌日は気分よく出勤したけれど


「おはようございます」の挨拶とともにブルー。


課長はどうやら本格的に私を視界に入れたくないようだ。



原因がわからないと対処のしようがない。


謝罪をすべきなのか何なのか改めようがない。


聞いていいものかどうなのかそれすらも悩む。



Kennyは少し様子を見てごらんと言っていたけど


この息苦しさからは解放されたい。







この作品のキーワード
オフィスラブ  初恋  上司  イケメン  ときめき  同僚  秘密  OL  大人の恋愛  独占欲 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。