雪菜は最初に離した時は泣いてしまったが、次に離した時は、恥ずかしそうに微笑んでくれた。

 雪菜が手に入ったのに、隼人は切なくて胸が痛くなった。

 捨てないで?都合のいい女?

 瀬川との関係がどんなものだったのかを垣間見た気がした。そんな仕打ちをされても瀬川を好きだったんだろうか。

 瀬川は嫌味な奴だと思ってはいたが、無理やり迫るなんて、そんな強引な奴だとは思わなかった。

 なぜ今になって、瀬川はまた雪菜に手を出してきたんだろう。よりを戻したいのか?それとも気まぐれか?いずれにしても、絶対に許さない。

 瀬川にキスをされたなんて許せなくて「取り返したい」なんて言ってしまったけれど、そもそもあの時雪菜は俺のものじゃなかった。

 だから、雪菜がキスを受け入れてくれて、本当に嬉しかった。雪菜の気持ちは、間違いなく俺に向いていると感じた。

 雪菜の唇は柔らかくて、抱き締めた体は細く儚くて、しがみ付く手の小ささを感じて、何もかも大事にしたくてたまらなくなった。もう、溺れて夢中でどうしようもない。

 煙草をやめてほしいと言われるとは思わなかったが、雪菜が煙草嫌いなのは知っていたから、正直キツイが今すぐやめよう、と思った。

この作品のキーワード
地味OL  上司  オフィスラブ  課長  無愛想  嫉妬  独占欲  王子様  トラウマ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。