次の日、二人は何事もなかったかのように、淡々と仕事をこなしていた。

 お互いがお互いに見ないようにしている。

 そんな空気に耐えられず、隼人が煙草を吸いに廊下に出ると、ちょうど美乃里が来たところだった。

「小泉なら中にいるぞ」

 そういうと美乃里はニヤッと笑った。

「いえいえ、松田課長に用があったんですよ」

 美乃里は明らかに雪菜の話をしたそうな顔をしたから、隼人は目を細めてムスッとした。

「俺?何?」

「そんな顔しなくてもいいじゃないですか」

「用があるなら早く言えよ」

「冷たいなー。喫煙室まで一緒に行ってあげますから、ね?」

 美乃里は頼んでもいないのに喫煙室までついて来た。喫煙室には誰もおらず、美乃里は「ラッキー」とつぶやいた。

「この間、雪菜と出かけたんですけどね」

「ふーん」

「あっれー?松田課長?二ヶ月も一緒に食事に行ってるのに、興味ないわけないでしょう?」

 彼女はまた俺のことをコイツに喋ったのか。俺の気持ちなんて筒抜けってことかよ……。最悪だな。

この作品のキーワード
地味OL  上司  オフィスラブ  課長  無愛想  嫉妬  独占欲  王子様  トラウマ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。