菜の風


爽やかに触れるきみがまた
今年も私のところへきた

優しさがあふれてる温かいぬくもり
きっと今日もなぐさめにきた
私は一人じゃないんだと

教えてくれたのはカゾクじゃなく
優しく包んでくれるこの
ぬくもりなのに

会えるのは 春の時だけなの?

このお日様みたいなぬくもりは
菜のかぜという君なんだね?

温かい風が私を包んでた



この作品のキーワード
永遠    友情  恋愛  悲しみ  こひなた☆  あまあま 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。