☆毬子side☆



私はひとまず、3年生の教室がある3階へと来た。



でも、探偵部の連中が簡単に見つかるかな・・・?

3年生に1人、2年生に1人の2人しかいないんだよ?

難しすぎるよぉ・・・。



ひとまず、聞き込みでもするかぁ。

探偵ドラマや推理小説とかは聞き込みが大事だから。



私は目の前を歩く男の子に「ねぇ」と声をかけた。

男の子はどちらかというと、地味な感じ。

茶色い髪に、普通の顔。

イケメンでも不細工でもない、ごく普通のどこにでもいそうな人。




「探偵部の部員を探しているんだけど、どこにいるかご存知?」

「・・・探偵部、部員?」


男子生徒は私が首からぶら下げているBBK希望者と私の名前が書かれた札を見て、ため口で話す。

BBKは生徒同然に見られるんだっけ?



「知っているけど」

「良かった。
教えてもらえるかな?」

「・・・ああ」



男子生徒は歩き始め、あるクラスの前で停まった。



【3-S】


S組・・・?





この作品のキーワード
探偵  学園  部活  過去  教師  眼鏡  部室