☆☆☆




探偵部BBKになり、私は毎朝9時に学園へ向かう。




「おはようございまーす」



別館へ入り、眼鏡を引っこ抜く。

この肖像画には小さな穴が目の辺りに開いており、そこに眼鏡のツルが入る仕組みになっている。

壁が開くようになったら、眼鏡を肖像画に戻す。

中から扉は閉められるからね。



部室には、すでに2人はいた。

まぁ当たり前なんだけど。



「授業出ないの?」

「あんな幼稚な授業に出て何がある」



アキに言っても無駄だわ。

毒吐かれておしまいだわ。



「旭は授業出ないの?」



旭に聞くと、ブラックスマイルを返してきた。

・・・ごめんなさ~い・・・・・。



「ブーブーブー」



私の鞄に入っているスマホが震えた。

誰だろ?





この作品のキーワード
探偵  学園  部活  過去  教師  眼鏡  部室