●甘辛ミッドナイト●



――201×年度 リーダー昇進試験(1)の受験者のための研修会


年が明けて2月。いよいよ昇進試験の研修会が始まる。つっても実際始まるのは4月からで。今日はまだ日程のレジュメや参考資料が配られてるだけ。ようは予定を組んだり予習をしとけって事ね。



「これ(1)って事は(2)もあるの?」

「そうだよ。辞令で2店舗移動した後に(2)を受けて、それから更に2店舗移動した後(3)を受けて、合格したらリーダーになれる」

「ひぇぇええ~~。私には絶対無理だー」


いつものファミレスの向かいの席で、優吾の日程表を覗き込みながらりんりんが目を回している。

いやいや、気分的には俺だって目ぇ回したいよ。先の長いこと長いこと。


「なんのかんのうちの店って移動多いよね」

「だから若いうちに受けるヤツが多いんじゃね?リーダーになったら後はそうそう動かないらしいよ」


すでに鞄にレジュメを押し込んだ胡桃も、うんざりした目でカットしたピザを口に運んでいる。


「でも、まだ主任試験や店長試験なんかもあるんでしょ。学校卒業したのに一生試験が続くなんて、やっぱ私には無理だ。みんな尊敬するよ」


俺たち京葉店の同期4人の中で唯一試験を受けないりんりんが、素直に『すごい』という目を向けながらパクパクとポテトフライを租借した。

『一生試験』とか恐ろしい言葉にしないで欲しい。なんか頭痛くなってきたよ。

この作品のキーワード
同期  友達  オフィスラブ  親友  切ない  すれ違い  チャラい  不器用  オトナ青春 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。