相澤ひなた、
4月1日より当病院の事務科に任ずる。

もらった辞令書を眺める。

今年この病院の事務科に採用になって、いきなり入退院調整役を任せられた。

だけど、辞令早々波乱ばかり。
どうしていきなり私なんかが……。

なんて嘆いていられる余裕もなかった。
覚える仕事はたくさんあり前任の先輩について回り、ひたすらメモして覚えた。

そんな先輩も辞めていき後任として、いよいよ私一人で任されることに。


あぁ、不安しかない。
今日も怖い事務長が待っている。

そんな恐怖と毎朝戦いながら病院へ行っていた。


ある日、休憩所で受付の医療事務の子達の話が聞こえてきた。


「あの子さ、ひなたっていう名前の割に暗いよねー。あたしあの子の顔まともに見たことないかも」

「とりあえず目見て話せよ、みたいな」

「ねー、本当社会人としてどうなの」


小さい頃から私は口数が少なかった。
誰にも迷惑をかけないように、なるべく控え目に大人しく目立たないように生きてきた。
そのせいで暗いと思われ、ひなたという名前でよくからかわれた。

別に今始まったことじゃない。
今更この生き方だって変えられない。

だけど。

……あぁ、また病院に行くのが億劫になった。




そんな中出会ったのが、先生だった。

怒る患者さんにおどおどしていると助けてくれたのだ。
一生に一度しかないチャンスだったのに、顔も見れなかった。

ただ、お礼を言うのが精一杯だった。

あとで、職員名簿を見たら、東篠貴之、とあった。
外科の先生らしい。

病院でまた見かけた。
かっこよくて、あの人だけキラキラして見えた。

きっと、住む世界が違うってこういうことを言うんだろうな。


遠くから見ているだけで十分だったのに、その人は二度も助けてくれた。

今度はお礼も言えなかった。

でもきっとこれで、私の冴えない人生の運を全て使い果たしてしまった。
だって、こんな幸運が重なるなんてことないもの。

もう彼との接点はないだろうけど。
でもまた遠くから見ているだけでいい。

ただ、好きっていうだけなら許されるよね。

そんなことを思うだけでもおこがましいのかもしれないけど。

きっと先生の周りには綺麗で頭が良くて、話の上手な人がたくさんいるんだろうな。
私なんか足元に及ばない位の。


外科のフロアに行く度に胸が高鳴る。
つい先生の姿を探してしまう。

ちらっと視界に入り、思わず口元がゆるむ。

あぁ、先生。
見ているだけで十分なんです、これ以上は何も望みません。



この作品のキーワード
医者  病院  身分差  地味子  イケメン  片思い  シンデレラ  ドン底  プロポーズ  結婚 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。