なんとなく煙たい人っている。
彼女たちからしたら、多分私がそれ。

 うちの会社だって決して不況知らずってわけじゃないけれど、毎年四月になれば掃いて捨てるほど女の子たちが入ってくる。

 どうして毎年そんなにたくさんの女の子たちを採らなきゃいけないのかっていうと、このご時世でも結婚だ、出産だなんて言って会社を辞めていく子も案外多いわけで。

 この年になってもそんな予定もなく、いつまでもここに居座っている何かと口うるさい私のことを面白く思わないんだろう。

 彼女たちの陰口や、まるで私への当てつけのような職務怠慢にいちいち目くじらを立てても仕方がない。

 ここで過ごした数年間が、こんなこと何でもないと流せるようになるくらい私を強くした。

 わりと誰もがその名を知る大企業。巨大なビルの五階にある外食事業部が、今のところ私の居場所だ。

この作品のキーワード
オフィスラブ  年下  大人の恋  切ない  シリアス  不器用  結婚  俺様  特集60