今日は朝から雨だ。

 九月に入ったとはいえ、まだまだ暑い日が続いている。

 こんな朝のバスは、湿気と人いきれで満ちていて最悪だ。ようやくバスから降りて、私は一息に外の空気を吸い込んだ。

 あれから、上村とは一言も言葉を交わしていない。

 職場では目も合わさないし、上村が給湯室までお茶をせがみに来ることももうない。もちろん、部屋まで押しかけてくることも。

 ――元の生活に戻っただけなのに。

 毎日会社に通い、母の様子を見て、一人の家に帰る。そうやって、毎日を過ごしていたはずなのに。

 上村の不在がこの胸にぽっかりと大きな穴を開ける。そしてその穴は、そう簡単には埋まりそうになかった。


この作品のキーワード
オフィスラブ  年下  大人の恋  切ない  シリアス  不器用  結婚  俺様  特集60