「あたし…イジメられてるのっ…!」


どうして?


なんで、なんで

あたしのやっとできた場所、奪うの?


「知らない…、私っ、やってない!」



「嘘つくんじゃねぇよ!」



「最低だな」


ねぇ、なんで


その子、笑ってるのに気付かないの?


どうして私を



冷 た い 目 で 見 て い る の ?




.*・゚ .゚・*.


【元姫】と【現姫】

ホントの嘘つきは、だ あ れ ?



.*・゚ .゚・*.


【裏切り者】と称された少女と

【嘘】で少女を不幸にした女



彼らを奪った、


【嘘】で



【嘘】によって突き放された少女と、【嘘】に騙され少女を突き放した彼らの物語…




【嘘】か【真実】か


【嘘つきな元姫】と【嘘つきな現姫】


【元姫は彼等の為】に嘘を、【現姫は己の欲望の為】に嘘を。


二つの嘘が交差する

彼らは見抜けるのか


_”何が本当なのか分かりはしないのに、彼等は必死で答えを求める”




私 の 声 が 届 い て い ま す か



.*・゚ .゚・*.


お久しぶりです。長い間更新できずにすみません。これから少しずつ更新を再開していこうと思ってます。
更新していない間にも読んでくださった読者様ありがとうございます!感想もありがとうございます!´`*
感想も少しずつお返ししていきますね。2016/11/27

この作品のキーワード
暴走族  美少女  溺愛  いじめ  切ない  すれ違い  裏切り  泣ける  元姫 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。