【麗華side】



桜が家を出た後、静まり返る部屋。

あたしは横に居る双子の弟達を見た。

頬が朱色に染まってる。あんたらは乙女かッ!!って言いたくなるわよ、もう。

…で、朱色に染まってる理由はひとつ、かな。


「アンタ達…桜に一目惚れしたでしょ。」


「は!?」


「えっ!」


ニヤニヤしながら聞くと、予想通りの反応を見せてくれる2人。うふふ、面白い。見てて楽しくなるわ〜。



「ち、ちげぇし!」


「……。」


真っ赤な顔で否定する修哉。そんな顔で言われてもねぇ…?好きです、って言ってるようなもんでしょ。


それに比べて否定しない翔哉。さすが、落ち着いてる性格なだけあるな。
修哉みたいに慌ててない。至って冷静…と言いたいところだが頬は朱色。

この作品のキーワード
暴走族  美少女  溺愛  いじめ  切ない  すれ違い  裏切り  泣ける  元姫 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。