「伸也さん…。」

「何?」

「あの、一旦ストップ…。」

「無理。」

「んっ…‼︎」

チュー。

長く長く、少しの痛みを伴って、胸の下に付けられたのは、大好きな人からのキスマーク。

私たちは今、その、世間一般でいう、初夜を迎えております…。

「伸也…さん。」

「んー、あともう3箇所くらい付けるか?」

「ちょ、もういいです!これ以上付けられたら、当分会社に行けません!!」

「チッ…。」

私が付けられたキスマークは、数え切れないほど。

首、背中、胸、お腹、脚。

体の至る所に付けられたのは、伸也さんのものである証。

見るだけで恥ずかしくて、顔が沸騰しそうだ。

「伸也さん、そんなに付けなくても、誰にも盗られませんから。」

「嫌だ。俺のだって見せつけてやんないと、気が済まない。」

「…それより、その、伸也さん、私が限界です。」

「え?」

「だから、その…。」

ニヤリ。

そこで、伸也さんが少し笑ったような気がした。

「んー、じゃあたっぷり愛してやるよ。」

「あっ…‼︎」

その後、朝に出勤するか迷ったのは言うまでもない。

この作品のキーワード
俺様  ツンデレ  上司  部下  オフィスラブ  短編  初夜  キスマーク  キス  夫婦 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。