目を開けると、私は見知らぬ路地に立っていた。まず自分の姿を見て驚く。

なぜなら私の服が着物と袴姿になっていたからだ。そして腰には本物と思われる刀。髪は片側にゆるく三つ編に結われていた。

一体なんでしょうかこの姿。確か目を閉じる前はスウェット姿だったはずだ。なぜ着物を着ているんだろう。

「師匠、いませんか?」

私は師匠を呼んだ。でも、師匠はあらわれなかった。し~ん、という擬音語がピッタリの状態です。

辺りを見回すと足元に白い封筒が落ちていました。

「手紙?」

足を折り曲げてそれを拾い上げてみると『蒼蝶へ』と師匠の字で書かれていた。

私は手紙を広げて読んだ。



―蒼蝶へ

僕のためにタイムスリップを決意してくれてありがとう。

タイムスリップは成功しておそらく今は京の都にいるはずだ。年月は文久3年の9月ぐらいかな。

芹沢さんが粛清されて間もない時期だと思う。

土方さんたちが結構ピリピリしている時期だ。そんな時期に君をタイムスリップさせたことを許して欲しい。

それと、もうひとつ謝らないといけないことがある。

この時代で僕は君の前に現れることが出来ないんだ。この時代には生きている僕がいるから、死んだ僕は存在しちゃいけない。

本当にゴメン。僕を許して。

そんな僕から細やかな贈り物として、着物と刀を受け取って欲しい。

刀は僕が実際使っていた菊一文字則宗。

この刀が君を守ってくれることを祈ってる。

蒼蝶、僕の姿が見えなくても僕は君の傍に居るから。それを忘れないで。

沖田総司より

この作品のキーワード
新選組  恋愛  沖田総司  ファンタジー  純愛  パープル15  坂本龍馬  切ない  和風  胸キュン