ホームルームが終わっても俺はまだ教室にいた。
「ケン、部室の鍵」
 言って、ケンに鍵を渡す。
「司、部活行かねーの? 生徒会?」
「いや……」
 詳しく話すつもりはなく口を閉ざす。と、
「了解。先に行ってる」
 ケンは教室を出ていった。
 とくに何があるわけではない。ただ、気になることはあった。
 ここ数日、毎日のように翠がテラスにいる。それも、朝と放課後。
 誰かを待っているようにも見えたが、人と一緒にいるところは見ないし、朝は俺が着替え終わって部室を出てくるときにはもういない。
 何をしているのかが気になっていたものの、電話で訊くとごまかされそうだから、捕まえて直接訊くつもりでいた。
 そろそろ頃合か――。

この作品のキーワード
じれじれ  学園恋愛  友情  純愛  男目線  成長  すれ違い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。