翌日から、私は矢城くんを意識してしまって仕方なかった。

それは向こうも同じだと思うのだけど。

だって、目が合うだけでぽっと顔を赤らめたり、目を逸らしたりするから。


今も事務所を出ていく彼が私の視線に気付くと、少しはにかんでぺこりと頭を下げていった。

わかりやすくて、本当に可愛い。


「何ニヤついてんだ」

「うっ」


突然、ドスッと頭の上に重いモノが乗せられ、顔をしかめる私。

どうやら大量の用紙の束らしく、両手でそれを押し退けつつ見上げると、無表情の柊さんが立っていた。


「こ、これは……」

「昨日お前がコピーしたニュースレター。今から封筒に入れるから二階行くぞ」

「あ、はい!」


惚けてる場合じゃないよ、紗羽!

気を引き締めて二階へ上がると、パーティションで区切られた打ち合わせスペースの隣の空間へ入る。

そこの長机の上に、柊さんは五種類の広告の束と封筒をドサドサと置いた。


「先月一回やったからもうわかるよな?」

「はい。一枚ずつ、計五枚を封筒に入れればいいんですよね」

「あぁ、頼む」


そう言って、パーティションの方へ向かってしまう柊さんだけど……ちょっと待って。