高価なモノではなく、例え安モノでも…スキな人からのプレゼント。

その事実が何よりも喜びを与える。


捨てろと言われても捨てられない。



「佐藤、見積もりは出来ているか?」


「あ、はい。小柳さんに教わりながら何とか出来ました」


「小柳、他の仕事があると言うのに、ご苦労だったな」


「後輩を育てるのも私の仕事です」


佐藤さんが悠来に出来上った見積書を渡す。


悠来は軽く目を通して見積書を手にして、執務室に戻った。



悠来専属のポストはセフレの関係解消と共になくなった。



今まで通り…普通に接してくれと言っていたのに、悠来の方が私を避けている。









この作品のキーワード
短編  オフィスラブ  部長  部下  オトナ女子  すれ違い