+゚:5




『間もなく4番線に、立倉行きの電車が参ります。ご乗車の方は白線の内側に立って──』



そんなアナウンスが流れて十数秒後、背後にある4番線に電車が滑り込んで来た。

電光掲示板を見たら、自分が乗る電車の到着時刻はあと5分後だ。

わたしはちらりと、隣りに立つ人物を見上げた。



「わたし実は、『ウォーターパーク』って量営部の仕事で行ったことしかないんですよ~」

「あ、そうなんだ? まあ俺も、ここしばらくは仕事でしか行ってないかな」



笑みを浮かべてそう返してくれたのは、わたしより頭1個分高い位置に顔がある宇野さんだ。

すると今度はわたしの反対隣りから、かわいらしい声が会話に混じってくる。



「実は……私も、今まで行ったことないんです」

「あ、さなえちゃんも? 一緒だー」



はい、とうなずくさなえちゃんの向こう側、腕を組んで立っている人物と顔を合わせるために、ひょい、と上半身を前に倒した。



「伊瀬は?」

「……俺も。行ったことはない」

「あはは。意外と行かないもんだよね」



4人中、3人は行ったことなしか。

そんな結果に、宇野さんが苦笑した。



「なんだ、ウチのお得意さまだってのにみんな薄情だなー」



6月最後の日曜日。現在時刻は午後1時半。

なぜこの異色メンバー4人が、ブルーバード本社最寄り駅のホームに立っているのかというと。

──話は、数日前にさかのぼる。