土曜のイレギュラー出勤から帰ってきたゼンさんは、ダイニングで遅めの夕食を摂っていた。
私はお向かいでみなみを抱っこしてゆらゆらしている。

寝かしつけを兼ねているんだけど、かれこれ一時間、うとうとしては起きるので、スリングに入れてしまった。

スリング好きのみなみは結構すぐに寝てくれる。
しかし、スリングから出してベッドに置くのがまた一苦労なんだよね~。
温かくホールドされたスリングから外界に引きずり出されるその瞬間、みなみが目覚めるリスクは高い。

なので、寝かせに行くタイミングを図りつつ、眠りを深くしようとゆらゆらする私。


「明日はお誕生日だね、ゼンさん」


私が言うと、ゼンさんがうんうんと頷いた。ごはんが口いっぱいで頷くしかできなかったのだ。


「料理、腕によりをかけるから!」


この作品のキーワード
赤ちゃん  育児  大人の恋 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。