サークルへ向かう私達。
私は行きたくなくてとりあえず自販機に行く事にした。

「ごめん、飲み物買ってくるから先に行ってて!」

3人は頷いて先に行った。
私は自販機に向かった。


自販機はいろんな所にあるけど1番遠い所に行く事にした。
少しでもサークルにいる時間が短くなるように。


ここから1番遠いのは裏門の所に1つある所だ。
ゆっくり歩きながら頭に浮かぶのは奏多と八代さんの事。
あの後何を言おうとしたのか結局分からなかった。
授業終わってから奏多はもうその事を話してくることはなかった。


裏門に近づくと話し声と言うか言い争うような声が聞こえてきた。

この作品のキーワード
切ない  大学生  片思い  すれ違い  両思い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。