私が決意して連絡をしようとしたら階段をバタバタと登ってくる音が聞こえた。

ママはこんな風に登らないし、パパは仕事でいない。
なにか忘れ物でもして慌てて戻ってきてるのかな?
それにしては気付くのが遅い。

私はもしかしてと思ってるけど、それを否定する。

「奏多かもね」

由紀は私がそんなはずはないと思ってる事を口に出した。

直後勢いよくドアが開いた。
そこにいたのは由紀の言う通り奏多だった。


「あゆ、話があるんだ」

真剣な顔で私を見つめる。
嫌だなんて言えないくらいの雰囲気で私は黙って頷いた。


「私帰るね」
由紀は奏多と入れ替わりに部屋を出て行った。

この作品のキーワード
切ない  大学生  片思い  すれ違い  両思い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。