金曜日―



am 6:00





「…やった…」




私は珍しく携帯のアラームが鳴る前に解除してやったことに、深い達成感を覚えていた。



咳はまだ残るものの、熱は下がっている。



いそいそと窓に近寄り、カーテンをばっと開ける。



まだ朝日が昇り始めたばかりだが、明るくなりかけた空に、雲は見えない。



きっと、今日は快晴だ。



私はケトルを火に掛けて、お湯が沸くまでの間、洗面所で顔を洗った。



気合を入れる為に敢えて冷たい水をざぶざぶと使う。




「ふー…うしっ」



パンパンッと顔を叩き、鏡の中の自分と向き合った。



―昨日の自分は熱でどうかしてた。


「なかったことにしてください」


自分で自分に頼み込む。


だって。


憲子の言うとおりだ。


こんな状況は明らかにおかしいし、何しろフェアじゃない。


未だにもやもやするこの感情。


だけど、持っていても健康には良くなさそう。



彼に随分流されてしまったけど、


今ならまだギリギリ引き返せるラインだと思う。

この作品のキーワード
詐欺  スタ文大賞 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。