「俺は伊集院龍(イジュウインリュウ)。
お前の家の同居人、って紅夜か銀一に聞いてない?」

「いるのは知ってるけど…何も聞いてない。」

「マジか。それでお前の自己紹介は?」

自己紹介って、俺の名前もう知ってんのに…。

そう思いながら見上げると覗き込むように目線を合わせられてちょっとだけ心臓の音が大きくなった。

「っ、白雪砂羽。高校1年。」

「性別はちゃんと女の子ってつけとけよ。」

「うっさい!」

からかうようなその声にムカついたが少し嬉しい。

「お前、今から何かよるとこある?」

「別にないけど…?」

「んじゃ、ちょっと付き合えよ。」

そういうと彼は小さく笑ってそういった。