モーターが回るような低い駆動音を響かせて、レトロな白いロボットが部屋の中を何度も往復している。オレは来客用のいすに座って、彼の動きをぼんやりと目で追っていた。
 リズはまだ出社っていうか、登局? してきていない。夜と朝は毎日ムートンとふたりきりだ。

 備品のオレは警察局内にあるリズの研究室に寝泊まりしている。といってもオレもムートンも人間のように眠るわけではない。思考回路の大半と身体制御を停止させ、省電力モードでスタンバイしている状態だ。
 座ったままや立ったままでも、人間のように腰や首が痛くなったりはしないし、意識がなくなるわけでもないので眠っているとは言い難い。だから夢も見ない。
 通常モードで動いているときは、何もすることがないと「退屈だなぁ」とか思うのだが、省電力モードだと思考回路が停止しているので何も考えない。
 ようするに仏教で言うところの「無念無想の境地」? 信心もしていないのに悟りを開けるとは思ってもみなかった。
 センサ類は生きているので、夜が明けてきたり、誰かに触られたりしたら通常モードに切り替わる。

 ムートンは毎日きっちりと決まった時間に稼働を開始し、律儀にオレにも挨拶をして部屋の掃除を始める。お掃除ロボットというわけではないらしく、髭を生やした円盤に柄がついた掃除機を長い腕で操りながら部屋をうろうろする。
 掃除機もムートンと同じように年季が入っている。世間では専用のお掃除ロボットが普及しているので、掃除機もあまり使われなくなっているらしい。

 いつもムートンの仕事ぶりを眺めているとリズがやってくる。ムートンはリズの姿を認めると、掃除の手を止めて青い目玉を点滅させながら挨拶をした。

「オハヨウゴザイマス。キョウハ、イイテンキデスヨ」
「そうね。おはよう、ムートン。シーナもおはよう」
「おはよう」

 リズはにっこり微笑みながらムートンに挨拶を返し、ついでにオレにも挨拶する。オレの方が思い切りついで。まぁ、いいけど。

この作品のキーワード
SF  異世界  警察  アクション  ミステリー  主従  転生  恋愛要素薄め  ロボット  近未来 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。