「わっこれ……すっごく美味しい!」

口に中に広がる甘い果実に、自然と笑みが浮かぶ。

目の前に並ぶスイーツの数々。
それはまさに、テーブルいっぱいところ狭しと並んでいた。

しかも!

ただのスイーツではないのだ。
あの超有名店、千○屋のスイーツがたくさん!
メロン、イチゴ、ブドウ、マンゴー、バナナに、グレープフルーツ……それはキラキラ輝くゼリーだったり、可愛くデコレーションされたケーキやプリン、さまざまなスイーツに形を変えて目の前に広がっていた。
色とりどりの、見た目も素敵なそれらはまるで、ジュエリーのよう。

これが興奮しないでいられる!?
女子ならたまらない最高の光景!

キラキラ輝くクラッシュゼリーの上に、大きくカットされたメロンが、ダイナミックに乗っているゼリーを手に取る。スプーンですくって口に運んだ。

「あぁ……美味しい!」

もうこれしか言葉が出ない。
なんて至福な時間!!

「……さいですか」

この作品のキーワード
ラブラブ  恋人  スイーツ  あまあま  嫉妬  アイドル  芸能人 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。