「最近ちょっと……」

「最近ちょっと……?」

理子の言葉を繰り返して先を促す。
ちらりと視線を上げて一樹と目を合わせるも、再びまつ毛が下がる。

「ふ……」

「……?」

「ふ……太ったっていうか」

いいにくそうに口を開く。

「太った……なんだ。そんなことか」

理子の発言に、緊張から強張っていた一樹の体が緩む。

「そんなことなんかじゃないもん! 重大なことなんだからっ」

一樹の反応に理子は頬をふくらませる。

「太ったかな~? 変わんない気がするけど」

ふむ。と腕を組んで一樹の視線が理子の上から下までじっくり観察。

「太ったの! 肩だってお肉付いて、丸くなっちゃったんだから」

あーなるほど。
だから肩を抱いたとき、逃げるように横に離れたのか。

「最近、カロリーとか全然気にしないで食べちゃってたから」

自慢できるような体じゃないけど、体型が崩れたって一樹に知られてがっかりさせたくなかったのに、太ったってカミングアウトしてしまった。
体重管理がしっかり出来なかった自分が悔しい。理子は唇を噛んだ。

この作品のキーワード
ラブラブ  恋人  スイーツ   あまあま  アイドル  芸能人  妄想 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。