……

「だよね~。
岡本くん、今日もいい感じにかっこよ
かった~。」

「うんうん。
ほら、体育の時間さぁ…」


駅前で、雨宿りなんていいながら、
3人でカフェにはいった。

適当なコト言ってる2人の話をききながら、ホットミルクを飲む。


「…でもさ、最近吉田もいいと
思うんだけどなあ、あたし。」


「え~?
うーん、ゆずはどう思う?」

流行に敏感な彩と、メイクが上手で女の子らしいしずく。


2人につりあわない私が、なんで一緒にいられるのか不思議に思うコトもある。

「ねえ、ゆずってば。」

「…ダメだよ。
ゆずに男の子のかっこいい、かっこ悪
いなんてわかんないって~。」


「ちょっと。
それくらい私にだって。」



私にだって…。

かっこいいと…思う人が。


「ゆずはさ、意識したらわりと素敵な子
だと思うけどな。」

「おこちゃまゆずには難しすぎるね。
…まあ、私たちそこが好きなんだけど
。」

「余計なお世話だ!」




ふと、2人の飲むカフェオレがオトナに見えて目をそらす。



かっこいい…か…。

よく、分かんないや。