ローマ・テルミニ駅からユーロスターに長時間揺られ、たどり着いた先。
列車を出てからすぐに気づいた潮の香り。
駅を出た美雪の前に広がる光景に唖然とし、足が止まる。
ちょうど目の前で水上バス(ヴァポレット)が止まるところだった。赤く染まり始めた夕刻の空。頭上をカモメが鳴きながら飛んでいく。

「秋くん、なんでわたし、ヴェネチアにいるの……」

隣りに立つ秋を見上げる美雪の長い髪が潮風に揺れる。

「よし、予定通り」

腕時計を確認し、秋は満足そうに頷く。どうやら美雪の声は潮風に流れてしまったようだ。

「あとはホテルだな」

「ほっ……テル!?」

秋の発言に美雪の声がひっくり返る。
確かに時間も時間だから泊まり先は確保しないといけないけど……。
もちろん深い意味はないんだろうけれど、秋くんの口からホテルという言葉がでて戸惑ってしまった。

「水上バスに乗ってサンマルコ広場へ向かおう。その近くにオレが取ったホテルがあるから、空いてる部屋があるか確認しよう」

この作品のキーワード
運命  大人  海外旅行    芸能人  ときめき     過去  アイドル 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。