老舗文房具メーカー、(株)ササキペン。


商品企画部、筆記具課、第一企画室。



「ーーーおい、清水」



耳慣れたぶっきら棒な声に呼ばれて、あたしはいやいや振り返る。



「………なによ、蓮見」


「なに、じゃねえよ!」



不快感を隠しもせずに応えたあたしに、蓮見は不愉快を隠しもせずに怒鳴った。


その手には、ホチキスで留められたA4コピー用紙20枚ほどの書類が、くしゃりと握りしめられている。



「お前が作ったこの、新プロジェクトの報告書っ!!」


「あー、それ?」



あたしが答えると、蓮見は横柄な態度であたしを怒鳴りつけてきた。



「こんなしょぼい資料、会議に出せるかっ!!」


「はぁっ!? なんでよ!?」


「こんな雑な資料で報告するくらいならなぁ、俺が口頭だけで喋ったほうがよっぽど分かりやすいぞ!!」



いつものように、一方的に、容赦なくこき下ろされる。




この作品のキーワード
オフィスラブ  大人の恋  同僚  上司  毒舌  浮気  俺様  無愛想  イケメン  ナルシスト 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。