「それでは行くといたしましょうか」


午後8時。

滝山と二人、モモちゃんを探すべく事務所を後にした。


犬も猫も亀も、今まで捜索依頼のあった動物は、ことごとく見つけられなかったけれど、ここらでそろそろ実績を作っておかないとどうにもやりきれない。

モモちゃんの捕獲は、私たち二人の切なる願いだった。


猫は夜行性。
探すならば、活動的な夜だろう。

滝山の判断に従い、夜の中へと足を進める。


けれど、いつものごとく、どこをどう探したらいいのか、まったく見当もつかないのだった。


「モモちゃーん」


なんとはなしに名前を呼んでみたところで、返事をしてくれるわけもなく。

この作品のキーワード
探偵  ドタバタ    お嬢様  政略結婚  理想の恋  世間知らず  じれじれ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。