依頼人の星野さんが事務所を訪れたのは、翌日の夕方のことだった。


夕べの電話は、調査の行方が気になった星野さんが、こちらからの連絡を待ちきれずに掛けてきたのだ。

私と電話を代わった北見さんは、途中経過でもいいから話を聞きたいという星野さんを、悩んだ末にここへ呼んだのだった。


北見さんと私の前に、星野さんが不安いっぱいの顔で腰を下ろす。



「あの……どうだったんでしょうか」

「星野さん、お話の前に確認したいことがあります」

「……なんでしょうか」

「どんな結果になろうと井上さんとは別れないと、この前おっしゃっていましたが、その気持ちは今も同じですか?」


私が訊ねると、星野さんの瞳がゆらゆらと揺れた。

私を力なく見つめる。


この作品のキーワード
探偵  ドタバタ    お嬢様  政略結婚  理想の恋  世間知らず  じれじれ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。