どこからか聞こえる物音。

漏れる呻き声。


それを意識の狭間で聞いていた私は、ハッとして目を開けた。


急いで体を起こすと、意識を取り戻しつつあるのか、夕べの男の人が向かいのソファでモゾモゾと体を動かしていた。



「ね、滝山! 滝山ったら!」


ソファを背もたれにして床に寝ていた滝山を揺する。


「……はぁ、何でございましょうか」


ねぼけ眼をこすりつつ、大きな欠伸をひとつした。


「ほら、目を開けそうなの」


私が指差した先に気付き、私同様ハッと我に返る。


この作品のキーワード
探偵  ドタバタ    お嬢様  政略結婚  理想の恋  世間知らず  じれじれ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。