明け方にふと目が覚める。窓の外は薄っすら白んじているので明け方だろうか。

毛布を鼻まで引き上げると、暖かい腕が伸びて来て私を抱き寄せる。

人肌の温もりに包まれると、安心して再びトロトロと眠りについて行く。

ふと、手が伸びて来て自然と胸に添えられる。

感触を楽しむように、柔やわと撫でられた。

甘えるように首筋に顔を埋められ、そのまま私の首筋をゆっくりと唇がはっていく。

私はくすぐったくて身を捩った。

手は私の腰からウエストまでの曲線を撫で上げると、Tシャツの中に入ってくる。

繊細なタッチに思わず身悶えた。

ああ…なんか、こーゆーイチャイチャした感じって久々だなあ。

信夫とも最後の方は寝室も別だったし。

…そうだ、私信夫…とは別れたんだった。

私の意識は一気に覚醒していく。

じゃあ、これは誰…?!

振り向くと天使のような美しい田中の寝顔が其処にあった。

この作品のキーワード
イケメン  お嬢様  執事  毒舌  アラサー  ラブコメ  大人の恋  眼鏡  離婚  身分差 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。