シェードを開けると、大きなキウイフルーツみたいな形の窓の向こうに朝焼けが広がっていた。

高度一万メートルから見ると、遥か彼方の地平線が地球の形に沿って帯状に光っている。

赤みの強い、オレンジ色の光。

太陽が、目覚める準備をしている。



「羽華子、それ食べないの?」
 
右隣に座った健太郎くんが、わたしの座席テーブルを指差す。
早朝に提供された機内サービスは、メインが鳥そぼろと錦糸卵のごはんで、サイドディッシュがマカロニサラダと蕎麦という、意外にもボリュームたっぷりな朝食だった。

「あんまり食欲なくて。食べる?」
 
わたしはデザートのカットフルーツだけを食べ終えた機内食を、健太郎くんに差し出した。
 

目的地であるチャンギ空港までは、約6時間のフライトだった。
夜遅くに日本を発ったこの飛行機も、あと数十分で着陸態勢に入る。

「昨日の夜もほとんど食べてなかったんじゃない? まさか、具合でも悪い?」
 
隣から顔を覗き込まれて、あわてて首を振った。

「う、ううん。ちょっと寝不足なだけ……」
 
実際、わたしはここ数日ほとんど寝ていなかった。