「──では、次回はりんごの加工貯蔵法について実習します。
りんごジャムを作るので、皆さんビンを用意して第ニ実験室に集まってくださいね」



教壇に立つ、白衣姿の男性がそう言うと、大勢の女子学生が「はぁい」と黄色い返事をする。

彼女達に向かって、准教授である彼は、黒いフレームの眼鏡の奥の瞳をわずかに細めた。


百八十近くあるだろう長身の彼──冴木(サエキ)先生は、スタイルも良く顔立ちも整っていて美形。

三十四歳という年齢を感じさせないほど若々しく、女子学生達から日々熱い視線を送られながら授業をしている。



「冴木センセー! ちょっと質問があるんですけど」



授業後、こうして女子に引き留められるのはほぼ毎回のこと。



「はい、何でしょう」

「彼女いますかぁ?」

「その質問にはお答え出来ません」

「ケチー!」



音声応答のように表情を変えず淡々と返す先生。

イケメンのくせに研究以外のことにはまったく興味がなさそうで、生態が謎だと学生達は嘆いているけれど。



「さて。戻りましょう、雪乃(ユキノ)さん」

「はい」



長い白衣を翻した彼と一緒に行動を共に出来る助手の私は、きっと皆が知らない彼を知っている。

この作品のキーワード
壁ドン企画  研究室  准教授  助手  ほのぼの  オフィスラブ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。