空を見上げた。


どこからが空でどこからが地なのかは分からないが、顔を持ち上げたそこに広がる間違いなく空であろう漆黒の闇を、1人の少年が見上げた。



昼間快晴だったわりに、星ひとつ見当たらない。そんな空が、狂っているようにさえ思えた。


――今宵の空は、狂っている。


ずしりとのしかかるような濃い黒を引き裂いて浮かぶ月。コンパスで描いたのかと思う程に真ん丸な月。


――今宵の空は、狂っている。



そして、少年はつかまえた。

紅く輝く月を。