その後も、南くんの生態に関しては、とにかく驚きの連続だった。




初対面の翌日、まだ学生たちもまばらな朝8時に、南くんは研究室のドアを開けた。





「南くん、おはよう。早いね」






と声をかけたあたしは、南くんの肩にかかっていた「あるもの」に目を奪われた。




それは、小さめのボストンバックくらいのサイズの、横に長い長方形の、深緑の布地に黒い持ち手がついた、肩かけかばん。




それはいいんだけど。




とにかく、筆舌に尽くし難いほどに………ぼろぼろで。



汚れて、色あせて、擦り切れて、穴が空きかけている。




そして、横腹の部分にプリントされている白い文字は剥がれかけている。



その文字に目を凝らしてみると。





―――『A中学校』





その隣に、オレンジ色の糸で刺繍されているのは、ぼろぼろにほつれて消えかけているけど、たしかに何かの文字で。


じいっと凝視すると、こう書かれているのが分かった。





『南 裕紀』





まぎれもなく、南くんのフルネームである。




この作品のキーワード
大学  大学生  変人  無口  無愛想  ほのぼの  短編  年下  母性本能 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。