南くんがうちの研究室にやって来てから、はや一ヶ月。




みんなにかなりのインパクトを与えた南くんの変人ぶりにも少しずつ慣れてきた。




まぁ、あいかわらず何を訊かれても何を頼まれても「めんどくさいから」の一言で一蹴してはいるものの、



みんなそれを面白がるくらいには成長した。





そして今日は、近くの大学を会場にして開催される学会の日だ。





学会発表をする数人の院生の面倒を見るため、あたしもその会場に向かっている。




本当はあたしも発表するつもりだったんだけど、結局いろんな雑用に追われて研究が進まず、断念した。




あぁ、だめだなぁこんなことでは……。






この作品のキーワード
大学  大学生  変人  無口  無愛想  ほのぼの  短編  年下  母性本能 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。