アタシと菜実は学校ではいつも一緒にいた。


どんどん磨かれて綺麗になっていく菜実に、嫉妬と焦りを感じるんだ。


そんなある日の昼食の時、可愛い手作り弁当を食べながら、菜実が言った。



「奈菜は今日もパンなの?」


「うん」


「お弁当作ってみれば?結構楽しいよ」



だー・かー・らー

自分で飯を作るくらいなら、アタシは飯を食わないって!


ってキレそうになったけど我慢した。


人間、公共の場では我慢が大事なんだ。



「朝早いから、そんな時間無いんだよ」



アタシは適当な理由を付ける。


この作品のキーワード
双子  貧乏  女子高生  生き別れ  性悪  ブラック15  キャバクラ  ホラー  整形 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。