「ん……」

ああ、なんか頭痛い。そっか、昨日飲み過ぎたんだ。あんなにベロベロになるまで飲んだの、久しぶりだなー。


そんなことを考えながら、私は重たい上半身を布団の中からゆっくりと起こした。……と、そこで重大な事実に気付く。

……ここ、私の部屋じゃないよね? どこだろう。

ていうかそれ以上に……なんで裸?



――モゾ。

私の隣で、なにかが動いた。思わず体がビクッと反応する。布団を被っているからその正体は見えないけど、そこにいるのは明らかに人で。

ていうか、正体は見えなくても、昨日私が一緒にいたのはただひとりだ。血の気が引く。まさか、まさか。やっぱり、そういうこと?

私は思い切って、その布団をバッとめくってみた。


「……!?」

やっぱり、そうだった。

「ん……?」
私に布団を捲られた〝その人〟も、ゆっくりと目を開け、私たちはお互いに目を合わせた。

「……」
「……」

しばらくの沈黙の後。



「◯×△□☆◯×△□☆!?」

私たちは揃って、声にならない悲鳴ってやつをあげた。

この作品のキーワード
上司  秘密  オフィスラブ  課長 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。