今、俺は可愛い彼女と玄関のドアに挟まれている。



そう。それは数秒前のこと。



会社から家に帰り、疲れた心身を愛しい彼女に
癒やしてもらおうとドアを開けたときだった。



ガチャンとドアが閉まった瞬間に


ドンッ!という音と共に彼女が俺の目の前にいた。






この作品のキーワード
甘々  大人  年上彼氏  嫉妬  ドキドキ  溺愛  独占欲  壁ドン企画  男目線 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。