数日後


大学病院前

自 {……はぁ…何でこんな事に…


今日何回目か分からないため息をつき大学病院を見上げ


大学病院には月に一度だけ定期検診で来てはいる
しかし定期検診はまだ先…なのに何故来てるかと言うと

遡る事数時間



学校 教室



自 {次、何だっけ〜?

友達 {えーと…
数学じゃなかった?


自{げっ…直…いや愛川先生じゃん…;
あの先生私ばっか指すんだよねぇ…

[時々気分で授業をサボる事はあるが、直樹の授業をサボったら最後…
龍也(=優夜)に連絡がいく…具合が悪い時もそうだ]



友達{あはは…確かによく指されるね〜
気に入られてるんじゃない〜(笑)
でも愛川先生カッコイイし優しいじゃん♪


自{えーどこが…【ズキッ】
っ…!……【胸を抑え】(き…気のせいだよね…)


友達 {?えみ…?どした?

自 {…何でもないよ〜
トイレ行ってくるね!【ガタッ】


友達 {えっ…もう授業始まっちゃうよ〜?早く戻ってきなよ〜


自 {はーい。


この作品のキーワード
家族  義理  医者  医師  病院  虐待