必死に謝る平岡さんに、私は何だか罪悪感すら覚え、両手を覆ったままで首を横に振った



「あの、ち……違…います、そういうのじゃなくて……緊張、して……」



少し、恥ずかしかっただけで。

と付け足し、覆っていた両手をゆっくりどけると、平岡さんが驚いた表情をした後で私から視線を逸らした



ほんの少し赤い平岡さんの頰に私は何かまずい事でも言ったかと目を泳がせる




すると





「あー…もう、参ったな。

可愛すぎてどうしたらいいか分かんない。俺、このままじゃ本当に胡桃ちゃんから抜け出せなくなりそう」







こんな言葉が、開かれた平岡さんの口から出てきて、私の思考は一瞬停止した。

この作品のキーワード
社内恋愛  オフィスラブ  胸キュン  年の差  ドキドキ  上司  OL  長編 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。