ああ、もう、これは脱ぐしかない。

ここまで来たんだし、西野さんもさっき待ってると言ってくれてたし……



そう、決心した私はゆっくりとパーカーから腕を抜いた




しかし



「………やっぱり、無し。


ただの俺の我儘だけど、まだ着てて」



なんて言い出して、私にまたパーカーを被せた平岡さん



「え、っ…?」


「ごめん。俺がいつまで着てるつもりなの、って言ったくせに」


でも、それは他の奴らには見せらんない。と、付け足した平岡さんの言葉に私は酷くショックを受けた

この作品のキーワード
社内恋愛  オフィスラブ  胸キュン  年の差  ドキドキ  上司  OL  長編 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。