「噂のこと、そんなに嫌だった?」


「え………っ……」




平岡さんの言う〝噂〟というのはこの間堂島さんの言っていた、私と平岡さんが付き合っているなどという噂の事だろう






「……………って、聞くまでもなく嫌にきまってるか。ごめん」



そう言って謝る平岡さんの表情は、今までに見た事がないくらい切なくて。



悲しくて、胸が、キュッと締め付けられるように痛くて。







私は







「ち、違っ………」








何故か、咄嗟にそう発していた。

この作品のキーワード
社内恋愛  オフィスラブ  胸キュン  年の差  ドキドキ  上司  OL  長編 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。