「え、?」

「違う……んです、私……噂の事はもう全然気にしてなくて……で、も……」





「でも………?」






そう平岡さんが聞き返した時、私は少し嫌な予感がした。



平岡さんを前にして、感情が高ぶって、何か沢山溢れ出しそうになって。







私は、きっと










「ひ………平岡さんに彼女がいるって知ってから……ずっと、平岡さんの事でいっぱいで…………わた、し……自分が分からなくなっちゃって、それで」








平岡さんに、今の私の感情全てをぶつけてしまいそうな……




そんな、気がしていた。




この作品のキーワード
社内恋愛  オフィスラブ  胸キュン  年の差  ドキドキ  上司  OL  長編 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。