「胡桃、ちゃん……?」



唇が離れると、驚いた表情で私を呼んだ平岡さん




「………何、ですか」



「俺の言った意味………ちゃんと…分かってる?」




あまりにも自信なさ気に、でも、真っ直ぐ聞いてくる平岡さん。


私は恥ずかしくなって目を逸らし、返事の代わりに一度だけコクリと頷いた






すると






「え、本当……?」



本当に本当?と、平岡さんは嬉しそうに何度も確認する



そして、その度に私は頷いて答える。

この作品のキーワード
社内恋愛  オフィスラブ  胸キュン  年の差  ドキドキ  上司  OL  長編 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。