「はは、ごめんごめん」


そうやっていいつつ、やはりいつものように笑っている平岡さんに私はそっぽを向く




「胡桃ちゃん。ほら、怒んないの」



反省してるから、ネ?なんて言って私をもう一度捕まえる彼はきっと反省なんてしていないだろう




「……許しません」


「ええー?反省してるのに?」




反省している、なんて言っているけれど笑っている彼。





「胡桃ちゃん、本当に怒っちゃった?」



ほらー、笑ってないと可愛い顔が台無しダヨ?と冗談を言っている彼。


この作品のキーワード
社内恋愛  オフィスラブ  胸キュン  年の差  ドキドキ  上司  OL  長編 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。