「はは、本当素直じゃないよね。胡桃ちゃんはさ。」


まあ、そんなところが可愛いんだけどネ。と言って笑う平岡さんに私は若干機嫌を損ねて無視をする



すると


「あれ?無視?怒っちゃった?」


なんて言って私の顔を覗き込もうとしてくる平岡さん


私は顔を見られないようにと、強く平岡さんの胸元に顔を押し付けるが、その行動を次の平岡さんの言葉で酷く後悔した。




「無視してツンツンしてるけど、ハグされて、おまけにギュッって額くっつけちゃってさー…本当甘えたさんだなー、胡桃ちゃん。かーわいっ」



「な……っ!う、」



もういいですっ!と言って平岡さんから勢いよく離れると距離を取る

この作品のキーワード
社内恋愛  オフィスラブ  胸キュン  年の差  ドキドキ  上司  OL  長編 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。