「………兄貴…。


ホンマに僕が声かけるんですか?」


「……当たり前だ。


……それでも君は男か?」



私達が抱きしめ合っていると、背後で話し声が聞こえた。


「しゅ…修也……さn…」


「いや何も言うな、違う意味で。」




この作品のキーワード
厨二病  俺様  イケメン  美少女  溺愛  虐待  過去  大富豪  平行世界 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。