蓮見は「よお」というように軽く手を挙げて、あたしの前の席に座った。





そして、開口一番、なんでもないことのように、こう言った。








「ーーーおい、清水。鼻毛、出てるぞ」








…………はぁっ!?






あたしは自分の耳を疑った。





目を見開いて、目の前の蓮見を凝視する。





蓮見は言うだけ言うと、ふいっとあたしから視線を外し、「俺、生中」と店員さんに声をかけた。







「………あのねぇ、蓮見………」






「ん?」







あたしは赤面して鼻を手で隠しつつ、じとりと蓮見を睨みつける。







この作品のキーワード
オフィスラブ  大人の恋  アラサー  毒舌  俺様  ナルシスト  同僚  ツンデレ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。