「おい、清水」






「…………なに。仕事の話?」






「いや、違うけど」






「じゃあ、話しかけないでください」







あたしは蓮見の顔を見もせずに、すたすたと室を出た。






あの日以来、あたしは蓮見を無視しつづけている。





とは言っても、職場が同じだから、まったく口をきかないってわけにもいかないけど。





業務上の会話以外は、まったくしていない。





なに意地はってんだろう、と自分でも馬鹿らしく思うけど。




今さら引っ込みがつかないというか……。





ここまできて自分から歩み寄るなんて、なんだか負けを認めるようで嫌だ。





でも、蓮見のほうは、そんなあたしの気持ちなど全く理解不能らしく、不思議そうに首を傾げていた。






この作品のキーワード
オフィスラブ  大人の恋  アラサー  毒舌  俺様  ナルシスト  同僚  ツンデレ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。